古楽亭日乗

lanzetti.exblog.jp ブログトップ

ナポリのチェロ音楽

18世紀前半のナポリは、チェロのレパートリーにとって重要な都市となっています。
ナポリに関連する重要なチェリスト、作曲家は以下の通り。(生年順)

Scarlatti, Alessandro
(b Palermo, 2 May 1660; d Naples, 22 Oct 1725)
f0058956_21555447.jpg

3 Sonate? per violoncello e basso (1715-1725?)

Scipriani (b 1678; d 1753)
Principii da imparare a suonare il violoncello

Scarlatti, Domenico
(b Naples, 26 Oct 1685; d Madrid, 23 July 1757)

Porpora, Nicola
(b Naples, 17 Aug 1686; d Naples, 3 March 1768).
f0058956_631172.jpg

Sonata a violoncello solo fa maggiore
Concerto per violoncello sol maggiore

Alborea Francesco Francischello
(b Naples, 7 March 1691;d Vienna, 20 July 1739).
イタリアのチェリスト。サンタ・マリア・ディ・ロレート音楽院でジャン・カルロ・カイロ Gian Carlo Cailòに学ぶ。1725年にクヴァンツはファリネッリの出演するコンサートで彼の演奏を聴いている。ローマではA.スカルラッティのカンタータを作曲者と共に演奏しており、ジェミニアーニはその表現豊かな演奏について言及している。1726年にウィーンで雇われ、フランツ・ベンダと共に演奏を行っているが、ベンダは彼の演奏を聞いた後に、「唯一の願いはヴァイオリンで彼のチェロを模倣することだ」と語っている。

2 Sonate (ms, CZ-Pu)

Leo, Leonardo
(b San Vito degli Schiavoni [now San Vito dei Normanni], 5 Aug 1694; d Naples, 31 Oct 1744 ).
f0058956_6543713.jpg

6 Concerti (1737-1738)

Sabatino [Sabbatini, Sabatini], Nicola
(b Naples, c1705; d Naples, 4 April 1796).

Fiorenza, Nicola (d Naples, 13 April 1764)
イタリアのヴァイオリニスト・作曲家。
彼はナポリのサンタ・マリア・ディ・ロレート音楽院で1743年から1762年まで弦楽器の教師をしていたのだが、その採用の経緯に関しては興味深いエピソードが残っている。5人の候補者から採用者を決めかねていた音楽院の責任者達は一つの箱に5人の名を入れ、くじ引きのように引いてフィオレンツァに決定したという。彼はナポリの王宮教会のヴァイオリニストでもあった。彼はそこで1750年以前から働いており、1758年にはドメニコ・デ・マッテイスの後継者としてコンサートマスターに就任している。

Concerto per 3 violini e violoncello in La minore
Concerto per 2 violini, violoncello obbligato e basso (1728) in Si bemol maggiore
Concerto per 2 violini, violoncello obbligato e basso (1728) in Re maggiore
Concerto per 2 violini, violoncello obbligato e basso (1728) in Fa maggiore
Concerto con Violoncello, violini, violetta e basso in Re maggiore per l’esercitio dell’ill.mo Sig. Marchese de Simone
Sinfonia a violoncello solo con violini I e II e basso in Fa maggiore


Lanzetti, Salvatore
(b Naples, c1710; d Turin, c1780).
別記事にて記述

Pergolesi, Giovanni Battista
(b Iesi, Marche, 4 Jan 1710; d Pozzuoli, nr Naples, 16 March 1736).
f0058956_2158473.jpg

Sinfonia a violoncello solo fa maggiore

参考資料 NGII; Alain Gervreau;
[PR]
by takashikaketa | 2009-01-28 06:27 | Documento 資料 | Comments(0)

チェリスト 懸田貴嗣の備忘録


by takashikaketa
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30