古楽亭日乗

lanzetti.exblog.jp ブログトップ

Ottobre - Novembre 2009

10月は日本に一時帰国。オーケストラ・リベラ・クラシカのベトナム・ハノイでの公演と東京、逗子公演がありました。

モーツァルト 交響曲第29番 イ長調 K.201
ハイドン 交響曲第88番 ト長調 「V字」
ベートーヴェン 交響曲第1番 ハ長調 op.21

ハノイ公演の次の日はハロン湾まで足を伸ばして、クルーズ。絶景哉。
f0058956_3552465.jpg

おいしいものも満喫しました!
f0058956_4213100.jpg

しばらく浜離宮朝日ホールをホームとしていたOLCですが、今回で浜離宮での公演もひとまずおしまいだそうです。浜離宮スタッフのみなさん、長い間お世話になりました。

逗子公演の会場、逗子文化プラザホール ・なぎさホールはとっても響きのいいホールでびっくり。そんなところにこんないいホールが!!これだけいいホールがあったら、ぜひとも積極活用してほしいものです。逗子のみなさん、また呼んで下さい!

ほぼ一ヶ月日本を満喫した後は、再び渡欧。

9月のヘンデルのオペラ「アグリッピーナ」ツアーの続きがありました。
11月2日&5日、スペインのマドリッド王立劇場での公演。

Agrippina: Ann Hallenberg.
Poppea: Klara Ek.
Nerone: Roberta Invernizzi.
Ottone: Xavier Sábata.
Claudio: Umberto Chiummo.
Pallante: Rafaele Costantini.
Narciso: Antonio Giovannini.
Lesbo: Matteo Ferrara.

Alan Curtis & Il Complesso Barocco
f0058956_4123594.jpg

歌手のAnn Hallenbergや、来日したばかりのRoberta Invernizziと、素晴らしいキャストが揃って、アグリッピーナ・ツアーの最後は、大変充実した公演となりました。

劇場下の広場から王宮側を向いて。
f0058956_4152142.jpg

充実した公演の次の日、指揮者と我々オーケストラは、そのままイタリア・Lonigoのいつもの練習場兼宿舎へ。「アグリッピーナ」が終わったかと思ったら、今度はヘンデルの別のオペラ「ベレニーチェ Berenice」のレコーディングとコンサートのリハーサルなのでした。

マドリードからまっすぐ家に帰れるのだったら、このハムも買って帰るのだが・・・・断念。
f0058956_4222848.jpg

というわけで11月はまだまだ続く・・・・
[PR]
by takashikaketa | 2010-01-13 04:33 | Diario 記録 | Comments(0)

チェリスト 懸田貴嗣の備忘録


by takashikaketa
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31