古楽亭日乗

lanzetti.exblog.jp ブログトップ

イタリア・滞在許可取得メモ

あっという間に10月も終わりに近づき、ミラノも朝晩が冷え込んできました。

2006年10月10日にミラノのクエストゥーラ(Via Montebello)で取得した滞在許可証についてのメモです。

必要な書類
・滞在許可申請書(クエストゥーラで事前に受け取りました)
・4枚の同じ大きさの証明写真
・パスポートと、その重要な部分(写真、入国スタンプ、ビザのページ)のコピー。
・在日イタリア大使館でスタンプが押された入学許可証の原本
・健康保険証のコピー
・marca da pollo 14.62ユーロ分(Tabacchiで購入)

です。しかし、これは初めての申請時に限った書類なので、更新時は必要書類がもっと多くなります。

日が昇る前の朝6時50分にクエストゥーラに到着すると、噂通り、すでに5,60人の行列がありました。最後尾に並ぶと後からまたどんどん人がやってきます。中に入れたのはその1時間後の7時40分頃だったでしょうか。受け取った順番札は712番(誕生日と一緒)、その日スタートする番号が653番だったので、ほぼ60人待ちといったところでしょうか。
それからかなり長い時間待ち続け、到着からほぼ5時間ほど待った12時前にようやく受付へ。書類が手際よく確認された後、再度順番札を受け取り、指紋押捺へ。そこでまた40分ぐらい待ちました。手を真っ黒にして、指紋をとった後、ようやく滞在許可(しかもこれだけ待って、期限は来年6月までの数ヶ月!)発行。手にしたのは13時過ぎでした。計約6時間。

同居のロシア人は朝5時から並んで、7時間かかったと言っていました。
2005年秋取得の友人は、事前に予約して(受付は一ヶ月後)並ばずに済んだと言っていましたが、現在も予約制があるかどうかは定かではありません。システムがどんどん変化するので、今後申請する場合には、事前調査することを強くお勧めします。
[PR]
by takashikaketa | 2006-10-26 04:40 | Diario 記録 | Comments(0)

チェリスト 懸田貴嗣の備忘録


by takashikaketa
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30