古楽亭日乗

lanzetti.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Hobby 趣味( 2 )

志ん朝師匠

古今亭志ん朝師匠が亡くなって、今年で早5年。
ここ最近、志ん朝師匠関連の本が立て続けに出ています。
でも、なぜか肝心の落語のほうのDVDはまだ。師匠の遺志なのでしょうか。

よってたかって古今亭志ん朝 志ん朝一門 (著)
定価(税込) 1700 円
文藝春秋 ISBN: 416367960X (2006/03)

f0058956_0292848.jpg
いつだったか、師匠のお墓参りをした後、神楽坂にあった家を一度見てこようと散歩がてら江戸川橋から神楽坂へ歩いたことがありました。和風の門構えと駐車場に止まる数台の高級車を見つけて、「これが師匠の家に違いない!」と拝んで帰ってきた一ヶ月ほど後、たまたま志ん朝師匠のお弟子さんである志ん輔師匠にお会いする機会があり、神楽坂で撮ってきた家の写真を見せたところ、
「あ~、これは峰竜太さんの家ですよ。」
とあっさり勘違いを指摘されたときは、かなりショックでした。

志ん生、馬生、志ん朝3人の師匠が一つのお墓にお入りになっているのですが、それはどんなにすごいお墓かというと、フルトヴェングラーとエーリヒ・クライバーとカルロス・クライバーが一つのお墓に入っているくらいにすごい。お墓の前に立つ度、もはや師匠達の芸に直に接することができない悔しさに満たされます。芸は消えていくもの。
[PR]
by takashikaketa | 2006-03-16 02:18 | Hobby 趣味 | Comments(2)

池袋演芸場 2月上席 夜の部

10ヶ月振りで寄席へ。久しぶり~!

柳家喬之助 アサダ2世 古今亭志ん橋 柳亭市馬 ペペ桜井 柳家さん生
中入り
柳家小太郎 林家正楽 柳家さん喬

トリのさん喬師は、「中村仲蔵」。あいからわずきっちりと。
終わった後の気持ちいい疲れはさん喬師ならではです。
(全然関係ないけど、中村といえば、最近これ。面白い。→ 中村屋
小太郎さんは春の真打昇進が決まったそうな。さん喬門下2人目の真打。おめでとう~。

アサダ先生、ペペ桜井のイロモノは相変わらずの微妙なネタで安心します。
アサダ先生、弟子入りしたいよ!

それにしても、池袋の演芸場はとても小さくて、演者と観客の距離がとても近い。
席が空いてないときは一番前に座るときが多いのだが、この日も一番前。
たまに客いじりの対象になります。そんなハプニングも寄席の醍醐味。
みんなで池袋へアンディアーモ!
[PR]
by takashikaketa | 2006-02-13 03:22 | Hobby 趣味 | Comments(2)

チェリスト 懸田貴嗣の備忘録


by takashikaketa
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30