古楽亭日乗

lanzetti.exblog.jp ブログトップ

Settembre 2009

早いもので今年2009年も残すところ3ヶ月となってしまいました!
夏に引き続き、9月もほとんどが旅。フーテンの寅さんのような気分です。

まずはフランス・ペリグーから共に帰ってきた翌日から、ラ・ヴェネシアーナとの「ポッペアの戴冠」レコーディング。CD3枚ぎりぎりおさまるかどうかという長いオペラですから、日程中に録り終えるのだろうか、、、と一抹の不安がよぎるも、予定通りに終了~。結局なんとかなってしまうところがイタリア人の強みです。
f0058956_5231850.jpg

イタリア・モデナの教会でのレコーディング。おそらく来年にはGlossaレーベルから発売されるのでしょう。

その後、コモ湖近くの町、エルバで教会でのミヒャエル・ハイドンのミサ曲(写真を撮ってこれなかったので残念!)のコンサートがあった後、今度はリクレアツィオン・ダルカディアのラヴェンナでのコンサート。
コンサートはラヴェンナ博物館ホールでしたが、会場にはオリジナルのフレスコ画が上部左右に配置されているという博物館らしい環境・・・。おかげで明るい照明が使えず、楽譜を読むのに一苦労でした。
f0058956_537544.jpg

博物館隣にある、サン・ヴィターレ教会のモザイク。ancientなのに古色蒼然とならない、その輝きには言葉を失います。

その後は2週間に渡るヘンデルのオペラ「アグリッピーナ」のツアー。長いオペラであることもさることながら、イタリアでの開演時間は21時。終演時間0時40分というのは、さすがに体力勝負です。久々に風邪をひきました。

まずは、ブレシアの劇場。オーソドックスな劇場ですね。照明が暑かった!
f0058956_5503069.jpg

次は、ミラノの近代的な劇場での公演があり(興味深くないので写真はなし)、
ローマの手前にある、ラツィオ州ヴィテルボのカテドラル。
f0058956_5512197.jpg

中世の町並みが残る大変美しい町でした。また来年行けるかな?

今回ツアー最後の都市は、オーストリアのウィーン。
Theater an de Wien、アン・デア・ウィーン劇場は、ベートーヴェンが数多くの自作曲を初演(交響曲の2、3,5,6番、トリプル・コンチェルト、クロイツェル・ソナタ、フィデリオ)、そして近代になってからもシュトラウスの「こうもり」、レハールの「メリー・ウィドウ」が初演された由緒ある劇場です。戦後しばらく使用されてなかった時期があったようですが、現在は近代的なビルと合体して、バロックや近代の作品の公演によく使われているようです。
f0058956_551478.jpg

ベートーヴェンが立った舞台で・・・・(トリプル・コンチェルトも、ということはアントン・クラフトもか?)と考えると実に感慨深いものがありますが、果たして当時の劇場の様子がどのようなものだったのかは知る由もありません。なんにせよ、客席の華やかさに比して、舞台裏の狭さと、迷路のような楽屋裏が印象的ではありました。劇場裏のスペースは創建当時とそれほど変わってないということなのでしょうか?

10月は日本に帰り、OLCとのベトナム公演、東京公演など。ベトナムと東京のみなさん、よろしくお願いします。
その後は、イタリアに戻り、再度「アグリッピーナ」のツアーが再開。スペイン・マドリッドでの2公演です。2日ほど休暇があるので、それも楽しみです。オススメの場所があったら、だれか教えてください!
[PR]
# by takashikaketa | 2009-09-29 06:11 | Diario 記録 | Comments(2)

luglio - agosto 2009

2009年夏の旅シリーズです。

7月中盤は、ラ・ヴェネシアーナとともに、ニュルンベルク、そして世界遺産の修道院のある街マウルブロンでの公演。

f0058956_6522958.jpg


帰りに車窓から見たスイスの風景の美しかったこと!
f0058956_6524773.jpg


その後、一週間ほどおいて、再度ドイツへ。恒例のアンドレアス・ベーレンとの夏のドイツ・ツアー。
これはドレスデン近くの狩猟のための城、モーリッツブルク。
f0058956_6583230.jpg


コンサートの合間のこうした寄り道も楽しいものです。

そして、8月最後には再度ヴェネシアーナとフランス・ボルドー近くのペリグーまで。
f0058956_711867.jpg

f0058956_73964.jpg


8月には一週間ほど日本にも戻ったので、なんとも移動距離の多い夏でありました。
[PR]
# by takashikaketa | 2009-09-15 07:05 | Diario 記録 | Comments(0)

Montepulciano e Concerti napoletani in Germania

6月はポッペア上演の後、少々の日本滞在を経て、イタリア・トスカーナのモンテプルチャーノまで。
時差ぼけの中、電車で4時間かけてChiusi駅までついてから、バスで1時間ほどでモンテプルチャーノ到着。
そこはシエナのような山上の街なのです。

バスで降りてからすぐ旧市街と思って、近くのお店で目的地までどのくらいか尋ねたところ、
彼女は私の大荷物を見ながら、「あぁ、、、、遠いわね、20分くらい、とにかく登るのよ~」と哀れみの眼差し。
やはり旅は事前の下調べが重要とあらためて思い知った次第でした。

しかし、景色は美しい!
f0058956_6404421.jpg


モンテプルチャーノでは、Europäischen akademieというバロック講習会の講師として呼ばれたのですが、半分以上の時間は受講生ためのコンティヌオのリハーサルに費やされたのでした・・・体力がいります。
その上、着いた次の日には講師によるコンサートまであって、日本の時差ぼけがあっという間にふっとびました。
f0058956_6442674.jpg


最後のコンサートが終了後、私は夜行列車でミラノまで・・・Intercity notteという夜行の初体験でしたが想像以上に人に溢れていたのでびっくりしました。うとうとしながら、なんとか家についてシャワーを浴びた後は、ドイツのデュッセルドルフに飛んで、北ドイツのノールデンまで。

f0058956_6502932.jpg


Hinte, Rhede という街のびっくりするほど美しい響きの教会で、”若きスター”(現地の新聞にそう書いてあった!)アンドレアス・ベーレンとRicreation d'Arcadiaとのナポリのコンチェルト集。
いいプログラムなので、記録しておきます。

Concerti Napoletani Concerto 4 & 5 July 2009

Francesco Mancini (1672- 1737)
Concerto V in Sol maggiore

Nicola Fiorenza (d. 1764)
Concerto per violoncello con violini e basso continuo

Giovanni de Macque (c. 1550- 1614)
Seconde Stravaganze
Prima Gagliarda & Seconda Gagliarda

Francesco Barbella (1692- 1733)
Concerto III in Do maggiore

Nicola Porpora (1686- 1768)
Concerto IV in Re maggiore per due violini e basso continuo

Nicola Fiorenza (d. 1764)
Concerto per flauto dolce con due violini e basso continuo

充実したナポリの音楽にお客さんも大盛り上がり。我々もなんともいえない音楽の充実感に終わったあと満たされたのでした。フィオレンツァのチェロ・コンチェルトも多くの方に喜んでいただけたようで一安心。みなさんが知らない曲を演奏したときに「曲が悪かった」と言われるのは、だいたいが演奏者のせいなのですが(笑)、今回のように喜んでもらえるのは本当に演奏者冥利につきるというものです。

フィオレンツァは現在全集楽譜が出版準備中ですが、いずれ日本でも紹介していきたいと思います。

来週、私の誕生日(12日)はイタリアのモンツァで、バッハの管弦楽組曲など(イタリアでバッハを弾くのは珍しい!)です。
[PR]
# by takashikaketa | 2009-07-08 07:08 | Concerti コンサート | Comments(0)

Melk- Regensburg - Paris

イタリアは、5月後半からついに夏の暑さがやってきました!
真夏日のような暑さの中、数日間のリハーサルを終えて、向かった先はオーストリア・メルク修道院。

f0058956_2072876.jpg


二つの塔と教会ドームが断崖絶壁の上にそびえ立つ、メルク修道院の様子はいつ見ても特別な感慨を抱かせます。
最初の数日は、修道院内の部屋にてコレッリのトリオ・ソナタ集のレコーディング。
f0058956_2014654.jpg


プロデューサーは、昨年のヘンデル録音時と同じく長身のイケメン、エーリッヒとORFの要人ベルンハルト。
2日間のタイトなスケジュールでしたが、無事に全曲録り終えることができました。録音場所は、修道院の門に位置する、見張り台のような建物の中でしたが、心配された湿気や騒音も意外に大きな問題にならず、鳥達のさえずりにかこまれて(おそらく録音にも小さく入っているはず)、気持ちよい音響の中で演奏することができたのでした。

昨年録音したヘンデルのトリオ・ソナタ集は、現在鋭意、編集作業中とのことなので発売のメドがついた時点でお知らせしたいと思います。

録音終了後は一日の休暇を経て、メルクのシュタットプファール教会にて”メルクバロック週間”コンサート。コレッリの美しい教会ソナタと、その中に一曲だけ挿入されたヘンデルのパラフレーズ、超絶技巧チェンバロソロの対比が、お客さんには大変好まれたようでした!

本番次の日の早朝は、清潔なOBBとDBの電車を乗りついで南ドイツのレーゲンスブルクまで。
レーゲンスブルクでは長い歴史を持つ古楽フェスティバルが行われていて、その最終日ラ・ヴェネシアーナのモンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」上演がありました。昨年秋から始まったプロダクションなのですが、今回は数ヶ月ぶりということで、なかなか緊張感がありました。朝に到着し午後からリハーサル、夜本番(3時間半もかかる)、次の日の朝にはバスでミラノまで、、、ということで、まったく街を探索する時間がなかったのですが、いずれゆっくり訪れてみたいと思わせる、きれいな風景でした。
f0058956_20373227.jpg


その後、ミラノで数日の休みを経て、フランス・パリ、シテ・ド・ラ・ムジーク cite de la musiqueでの「ポッペア」上演。
f0058956_20411719.jpg


これも予定の都合上、ホール付近しか散策はできませんでしたが、久々のパリはやはり洗練された雰囲気でした・・・イタリアとは随分違います。

f0058956_20443712.jpg

このポッペアは簡単なセットを用いた、いわゆる簡易的な舞台なのですが、クラウディオ・カヴィーナの熱いリードと、ロベルタ・マメリたち歌手陣の素晴らしい表現に、パリのお客さんも熱狂的な喝采を送っていました。テレビ・カメラが数台ありましたが、フランスで放送されるのでしょうか?どなたか見かけたら教えてください。
2人いるチェンバロ奏者の1人として、レーゲンスブルク上演から、ダルカディアの同僚渡邊氏も参加。日本の誇るテノール桜田亮さん(彼とはメルクの音楽祭でもすれちがった)もいて、日本人が3人も!

オペラとはいっても、弦楽器一本ずつ、テオルボ3人、チェンバロ2人の小編成。怒涛のように進む舞台上の音楽に対して、緊張感をもっていないと乗り遅れてしまうので、3時間半ずっと集中していなければならないのがなかなかシビアです。9月にはGlossaへのレコーディングがあるので来年くらいには日本のみなさんにも聴いていただけるでしょうか。

公演後は、聴きにきれくれたパリ在住のヴァイオリニスト渡邉さとみさんや、チェンバロ製作のデュコルネ氏なども交えて、一杯。イタリアとは違う(何度も言うなって?)おしゃれな雰囲気を、ほんのひととき堪能したのでありました。
[PR]
# by takashikaketa | 2009-06-11 21:05 | Diario 記録 | Comments(0)

Gippone e Scozia

3月後半から日本での”アンサンブル・ジェネシス”トリオ・コンサートでは、故郷二本松と浦和のあたたかい聴衆のみなさんに迎えられて、大変充実したコンサートとなりました。お世話になったみなさん、ありがとうございました。

プログラムは以下のようなものでした。

Cima: Sonata
Berio: "Les mots sonts allés" For violoncello solo
Selma: canzon prima a 2
Webern: Cello Sonata
J.S. Bach: Fantasia and Fugue c-moll BWV 906
Maki Ishii: "East-Green-Spring" for recorder solo
Handel: Sonata for recorder and general bass Fa maggiore op.1-11 HWV 369
Masato Suzuki: Trio for Recorder, Violoncello and piano dedicated to Anton Webern
Lanzetti: Sonata sol maggiore op. 1-7
Improvisation by sax & piano
Maki Ishii: North-Silver-Night(Winter)
J.S.Bach: Flute sonata e-minor BWV 1034

その後、引き続きアンサンブル・ジェネシスのNHK大阪での収録があり、その成果は”NHKハイヴィジョン・クラシック・クラブ”で放送される予定です。

http://www.nhk.or.jp/bsclassic/hvcc/hvcc-2009-05.html

第一回の放送は5月25日のようです。。多くのスタッフが関わったセットと照明によって素晴らしい効果が得られていると思います。どうぞお楽しみに!

4月は久しぶりにバッハ・コレギウム・ジャパンで、メンデルスゾーン編曲によるバッハ・マタイ受難曲というプロジェクトがありました。多くの曲が削られ、または異なる歌手、楽器によって演奏されたマタイはどのように響いていたのでしょうか?客席でも聞いてみたいものです。

イタリアに戻ってまもなく、スコットランドでのコンサートがあり、美しい自然のあるシェトランド諸島(写真)と、落ち着いたエジンバラの街に魅せられました。

f0058956_537672.jpg


5月は”リクレアツィオン・ダルカディア”でコレッリのトリオ・ソナタのレコーディング(ORF)があり、大変楽しみです。昨年録音したヘンデルのトリオ・ソナタ集のCD(これもORF)も近々発売されると聞いています。そちらのほうもぜひ聴いてください。

アンドレアス・ベーレンとのグループ”テアトルム・アフェクトゥム”の「La meraviglia parlante"も朝日新聞夕刊やレコード芸術5月号にも取り上げられ、好評をいただいております。こちらのグループも7月初めにドイツでコンサートです。
[PR]
# by takashikaketa | 2009-05-02 05:45 | Diario 記録 | Comments(0)

CD "Internationale Barocktage Stift Melk 05/06/07"

2007年にリクレアツィオン・ダルカディア Ricreation d'Arcadia が出演したオーストリア・メルク古楽祭のライブ特選集CDが日本でも発売になっています。
(発売になっているのを昨年末店舗で発見しました。大型店舗にしかないようです。)

CD / ALTE MUSIK
Internationale Barocktage Stift Melk 05/06/07

収録されている演奏者は、ほかにムジカ・アンティクァ・ケルン、オルフェオ・バロック・オーケストラ、ラ・ヴェネシアーナ、キングス・シンガーズ、カフェ・ツィンマーマンなど、2005年から2007年までにメルク古楽祭に出演したグループのライブ・セレクションです。

Musica Antiqua Köln / L'orfeo Barockorchester / La Venexiana / Café Zimmermann / King's Singers / Ricreation D'Arcadia

我々Ricreation d'Arcadiaの演奏はヘンデルのシンフォニア、ブクステフーデのトリオの2曲が2007年分のCDのトリとして(!)収録されています。

今年2009年もこの音楽祭に出演しますので、また数年後このようなライブ集が発売されるのだと思われます。

ほかにもORFレーベルからは、2008年に録音したヘンデル/トリオソナタ集、ボンポルティ作品集の2枚のCDが準備中。
f0058956_22462715.jpg

[PR]
# by takashikaketa | 2009-02-10 22:46 | Musica 音楽 | Comments(0)

ナポリのチェロ音楽

18世紀前半のナポリは、チェロのレパートリーにとって重要な都市となっています。
ナポリに関連する重要なチェリスト、作曲家は以下の通り。(生年順)

Scarlatti, Alessandro
(b Palermo, 2 May 1660; d Naples, 22 Oct 1725)
f0058956_21555447.jpg

3 Sonate? per violoncello e basso (1715-1725?)

Scipriani (b 1678; d 1753)
Principii da imparare a suonare il violoncello

Scarlatti, Domenico
(b Naples, 26 Oct 1685; d Madrid, 23 July 1757)

Porpora, Nicola
(b Naples, 17 Aug 1686; d Naples, 3 March 1768).
f0058956_631172.jpg

Sonata a violoncello solo fa maggiore
Concerto per violoncello sol maggiore

Alborea Francesco Francischello
(b Naples, 7 March 1691;d Vienna, 20 July 1739).
イタリアのチェリスト。サンタ・マリア・ディ・ロレート音楽院でジャン・カルロ・カイロ Gian Carlo Cailòに学ぶ。1725年にクヴァンツはファリネッリの出演するコンサートで彼の演奏を聴いている。ローマではA.スカルラッティのカンタータを作曲者と共に演奏しており、ジェミニアーニはその表現豊かな演奏について言及している。1726年にウィーンで雇われ、フランツ・ベンダと共に演奏を行っているが、ベンダは彼の演奏を聞いた後に、「唯一の願いはヴァイオリンで彼のチェロを模倣することだ」と語っている。

2 Sonate (ms, CZ-Pu)

Leo, Leonardo
(b San Vito degli Schiavoni [now San Vito dei Normanni], 5 Aug 1694; d Naples, 31 Oct 1744 ).
f0058956_6543713.jpg

6 Concerti (1737-1738)

Sabatino [Sabbatini, Sabatini], Nicola
(b Naples, c1705; d Naples, 4 April 1796).

Fiorenza, Nicola (d Naples, 13 April 1764)
イタリアのヴァイオリニスト・作曲家。
彼はナポリのサンタ・マリア・ディ・ロレート音楽院で1743年から1762年まで弦楽器の教師をしていたのだが、その採用の経緯に関しては興味深いエピソードが残っている。5人の候補者から採用者を決めかねていた音楽院の責任者達は一つの箱に5人の名を入れ、くじ引きのように引いてフィオレンツァに決定したという。彼はナポリの王宮教会のヴァイオリニストでもあった。彼はそこで1750年以前から働いており、1758年にはドメニコ・デ・マッテイスの後継者としてコンサートマスターに就任している。

Concerto per 3 violini e violoncello in La minore
Concerto per 2 violini, violoncello obbligato e basso (1728) in Si bemol maggiore
Concerto per 2 violini, violoncello obbligato e basso (1728) in Re maggiore
Concerto per 2 violini, violoncello obbligato e basso (1728) in Fa maggiore
Concerto con Violoncello, violini, violetta e basso in Re maggiore per l’esercitio dell’ill.mo Sig. Marchese de Simone
Sinfonia a violoncello solo con violini I e II e basso in Fa maggiore


Lanzetti, Salvatore
(b Naples, c1710; d Turin, c1780).
別記事にて記述

Pergolesi, Giovanni Battista
(b Iesi, Marche, 4 Jan 1710; d Pozzuoli, nr Naples, 16 March 1736).
f0058956_2158473.jpg

Sinfonia a violoncello solo fa maggiore

参考資料 NGII; Alain Gervreau;
[PR]
# by takashikaketa | 2009-01-28 06:27 | Documento 資料 | Comments(0)

コンサート Concerts Concerti 2009

2009年のコンサート予定などお知らせします。

------ 日本 in Japan -------
アンサンブル・ジェネシス(トリオVersion)
アンドレアス・ベーレン&鈴木優人&懸田貴嗣

3月19日(木) 埼玉公演 カフェドルチェ
3月20日(金・祝) 福島公演@二本松コンサートホール

アンサンブル・ジェネシス
3月28,29日 NHK大阪収録

バッハ・コレギウム・ジャパン
3月21日 佐倉 レクチャーコンサート
4月1~12日 マタイ受難曲(メンデルスゾーン編曲版) 4 concerts

10月9-18日 オーケストラ・リベラ・クラシカ 3 Concerts
12月1~10日 オノフリ&CIPANGO CONSORT
12月15日 東京 Ricreation d'Arcadia

----- ヨーロッパ in Europe -----------
2月20日 Purcell "King Arthur" @Milano
3月4日 Vespro di Grancini @Milano

4月23日~5月1日 Scotland tour
4月24日 Concerto a Lerwich, St.Columba's Church
4月25日 Concerto Yell, Yell Comunity Hall
4月28日 Concerto a Edinburgh, St.Giles Cathedral
4月29日 Concerto Edinburgh, National Gallery

6月27~30日 Sommerakademie Montepuliciano (講師, insegnante)

7月12日 Concerto a Monza
7月22日 Concerto a Pavia

9月8日 Concerto a Como

Ricreation d'Arcadia リクレアツィオン・ダルカディア
5月26~29日 Recording Trio sonata di Corelli
5月31日 オーストリア・メルク古楽祭2009
9月13日 イタリア・ラヴェンナ

La Venexiana ラ・ヴェネシアーナ
6月1日 Poppea@Regensburg, Germany
6月7日 Poppea@Paris Citè de la Musique
7月16-19日 Round M@Nurnberg, maulbronn in Germany
8月29日 Ballo Ingrate@Perigord
9月1-8日 Poppea ポッペアの戴冠 Recording

Theatrum Affectuum
7月4-5日 Hinte, Rhede@Germany
7月28日-8月13日 a tour in Germany

Il Complesso Barocco with Alain Curtis イル・コンプレッソ・バロッコ
9月16日~27日 Concert tour Handel opera "Agrippina"
10月30日~11月5日 Concert tour Handel opera "Agrippina"
11月6日~11月26日 Concerts&Recording Handel opera "Berenice"
12月28日~1月12日 Recording Handel "Ariodante"
[PR]
# by takashikaketa | 2009-01-01 07:50 | Concerti コンサート | Comments(0)

L'INCORONAZIONE DI POPPEA

一ヶ月の日本滞在を経て、イタリアにもどっております。
秋もすでに終わりに近づいている気配、北イタリアのロンバルディア地方はここしばらく天気に恵まれず、鬱々としてしまいます。

今週は先月のハイドンから時代がさかのぼり、モンテヴェルディのポッペア。
昨年から時折参加しているラ・ヴェネシアーナの公演です。
来年はレコーディングも予定していますが、今回はポッペア第一弾。
ドイツ・ヘルネの古楽週間での公演です。

http://www.tage-alter-musik.de/tam_kon10.html

Sonntag, 16. November 2008
20:00 Kulturzentrum

CLAUDIO MONTEVERDI U. A.
IL NERONE OSSIA L'INCORONAZIONE DI POPPEA

Libretto von Giovanni Francesco Busenello
(Fassung Neapel um 1650)

Poppea: Emanuela Galli (Sopran)
Nerone: Roberta Mameli (Mezosopran)
Ottavia: Xenia Meijer (Sopran)
Ottone: José Lo Monaco (Mezzosopran) u. a.

La Venexiana
Leitung: Claudio Cavina (Cembalo)
f0058956_6435678.jpg


写真追加(11/20)
公演はWDRで生放送されました。
[PR]
# by takashikaketa | 2008-11-11 06:39 | Concerti コンサート | Comments(0)

Theatrum Affectuum CD on sale

Theatrum Affectuum
La meraviglia parlante
© 2008 Morox Music, Amsterdam (634479766077)

ここ数年ドイツを中心に活動しているグループ”Theatrum Affectuum”のCDが出来上がりました!以下のサイトで試聴することができます。
リコーダー、ヴァイオリン、チェロ、チェンバロのアンサンブルです。
http://cdbaby.com/cd/theatrumaffectuum

ジャケットはミラノのサン・シンプリチャーノ教会の天使です。
f0058956_852874.jpg


曲目はイタリアの初期バロックから後期バロックまでのリコーダーを含んだトリオ・ソナタ、チェロ・ソナタ、チェンバロ・ソロ(カステッロ、チーマ、セルマ、フレスコバルディ、マンチーニ、ランゼッティ、ヴィヴァルディ)。2007年夏、北ドイツの小さな教会でレコーディングした作品です。

2009年前半に国内盤扱いにて、店頭に並ぶ計画が進んでおります。少々お待ちください。(追記)
[PR]
# by takashikaketa | 2008-09-28 08:12 | Musica 音楽 | Comments(0)

チェリスト 懸田貴嗣の備忘録


by takashikaketa
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30