人気ブログランキング |

古楽亭日乗

lanzetti.exblog.jp ブログトップ

Takashi KAKETA 懸田 貴嗣(チェロ violoncello) プロフィール

チェリスト懸田貴嗣のブログにおいていただき、ありがとうございます
バロックから古典派の音楽を中心に、日本とヨーロッパで活動しております。


懸田 貴嗣 KAKETA Takashi チェリスト、cellist プロフィール/Curriculum

ご質問・ご依頼等はこちら takashikaketa@gmail.com

福島県生まれ。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。
東京芸術大学音楽学部別科チェロ専攻修了後、東京芸術大学院音楽研究科修士課程古楽専攻修了。 
文化庁在外派遣研修員としてミラノ市立音楽院古楽科で学ぶ。
修士論文テーマは「C.P.E.バッハのチェロ協奏曲」(指導教官:久保田慶一教授)。

チェロをガエタノ・ナジッロ、鈴木秀美、藤森亮一、北本秀樹の各氏に師事。2004年イタリア・ボンポルティ国際古楽コンクール(審査委員長:グスタフ・レオンハルト)で、4人のトリオ・ソナタ・グループ「リクレアツィオン・ダルカディア」のメンバーとして、第1位と聴衆賞、及びORF(オーストリア国営放送)録音賞を受賞。本選の模様はイタリアとORFラジオで放送された。

日本では、バッハ・コレギウム・ジャパン(鈴木雅明指揮)、オーケストラ・リベラ・クラシカ(鈴木秀美指揮)、レ・ボレアード(寺神戸亮指揮)、東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ(有田正広指揮)、ヘンデル・フェスティバル・ジャパン、札幌古楽の夏音楽祭、福岡古楽祭など国内の主要な古楽オーケストラ、音楽祭のコンサート、レコーディングに参加。

2005年以降ヨーロッパでも活動を始め、ラ・ヴェネシアーナ(クラウディオ・カヴィーナ指揮)、イル・コンプレッソ・バロッコ(アラン・カーティス指揮)、種々のアンサンブル・メンバーとして、イタリア、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、オーストリア、ポルトガル、ポーランド、ロシア、スロヴェニア、ルーマニア、トルコ、メキシコ、韓国など世界中の音楽祭に招かれているほか、ヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。2008年オーストリア放送(ORF)ラジオ生放送に出演。
近年はC.P.E.バッハのチェロ協奏曲やL.レーオのチェロ協奏曲を札幌で北海道教育大学岩見沢校チェンバーオーケストラと、福岡でコンセール・エクラタン福岡と共演し、大きな話題となった。
ボッケリーニの弦楽三重奏曲全曲ツィクルスを企画・演奏(ボッケリーニ・プロジェクト2017~)、寺神戸亮、原田陽とのトリオ(日本モーツァルト協会、調布音楽祭)、重岡麻衣、原田陽とのピアノ・トリオ(旅するベートーヴェン)など室内楽分野でも、精力的な活動を行っており、プログラミングや企画力も大きく評価されている。

これまで出演した世界の主要なホール、劇場、音楽祭:
アムステルダム・コンセルトヘボウ、ウィーン・アン・デア・ウィーン劇場、マドリード・レアル劇場、パリ・シャンゼリゼ劇場、パリ・シテドラムジーク、ドイツ・レーゲンスブルク音楽祭、ハレ・ヘンデル音楽祭、オーストリア・グラーツ・シュティリアルテ音楽祭、オーストリア・メルク古楽音楽祭、ザンクト・フローリアン修道院、スイス・ザンクト・ガレン、フリブール宗教音楽祭、ロンドン・ルフトハンザ音楽祭、イタリア・ヴィテルボ音楽祭、ロシア・ロストロポーヴィチ国際音楽祭、メキシコ・セルバンテス音楽祭、トルコ・イスタンブール、ルーマニア・エネスコ音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、韓国春川古楽祭など

これまで通奏低音奏者として、モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」(ルイゾッティ指揮、サントリーホール・オペラ)、ハイドン「騎士オルランド」、モーツァルト「フィガロの結婚」(寺神戸亮指揮北とぴあ音楽祭)、パーセル「妖精の女王」(北とぴあ音楽祭)、シャルパンティエ「病は気から」(北とぴあ音楽祭)、ラモー「プラテー」、ヘンデルの「アルチーナ」、「タメルラーノ」、「エイシスとガラテア」、「復活」、「ヘラクレスの選択」、「ヘラクレス」、「サウル」、「アレクサンダーの饗宴」、「イェフタ」、「ベルシャザル」、「ソロモン」、「ベレニーチェ」、「アリオダンテ」、「アグリッピーナ」、「メサイア」、バッハによる「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」、「ミサ曲ロ短調」、「クリスマス・オラトリオ」、カンタータなど数多くの作品に関わった。特にモンテヴェルディ作品で世界的に評価の高いイタリアのグループ「ラ・ヴェネシアーナ」とのモンテヴェルディ「オルフェオ」、「ポッペアの戴冠」、「ウリッセの帰還」、「聖母マリアの夕べの祈り」、A.スカルラッティ、ストラデッラによる数々のオラトリオ、セレナータ、カンタータのヨーロッパ各地の上演では高い評価を得ている。これまで関わったCD録音はEMI/Virgin、ORF、Glossa、BIS、 TDK CORE(現Creative Core)、DENON、コジマ録音、マイスター・レコードなど多くのレーベルに渡る。

エンリコ・オノフリ、エンリコ・ガッティ、サイモン・スタンディジ、グナール・レツボール、ガエタノ・ナジッロ、ミカラ・ペトリ、アレッサンドロ・パルメリ、バーバラ・ヘンドリクス、エマ・カークビー、ロベルタ・マメリなど海外の著名な演奏家との共演も数多い。

2011年8月NHK-FM名曲リサイタルに出演。2011年10月のエンリコ・オノフリ with チパンゴ・コンソート(室内楽&オーケストラ)の2公演では大反響を呼び、CDジャーナル、モーストリー・クラシック、音楽の友、などの音楽関係各誌上において年間ベスト10やベスト5のコンサートとして選出されるなどした。2013年3月のエンリコ・オノフリ with チパンゴ・コンソートは、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FMで放送され、大きな反響を得た。

主な放送出演など:
2004年 ボンポルティ国際古楽コンクール本選放送(イタリア、オーストリアORF)
2009年 NHK-BS「クラシック倶楽部」アンサンブル・ジェネシス「光と影」
2011年 NHK-FM「名曲リサイタル」リクレアツィオン・ダルカディア
2013年 NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM エンリコ・オノフリ with チパンゴ・コンソート
2013年 NHK Eテレ「らららクラシック」”G線上のアリア”
2014年 NHK-FM「ベストオブクラシック」アンサンブル・ジェネシス/ヴェネツィアの歌う庭~ヴィヴァルディ・細川俊夫の世界~
2015年 NHK Eテレ「ニューイヤーオペラコンサート」 バッハ・コレギウム・ジャパン
2015年 NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「ベストオブクラシック」ロベルタ・マメリ&ラ・ヴェネシアーナ
2015年 NHK Eテレ「バッハ/ミサ曲ロ短調」 バッハ・コレギウム・ジャパン
2016年 NHK-BS「ジャパン・オルフェオ」
その他 ヨーロッパのラ・ヴェネシアーナ公演の公演収録、中継多数

 2012年9月に「ランゼッティ/チェロ・ソナタ集」(ALCD-1131)をリリース、音楽の友、CDジャーナル等音楽誌上で話題となり、高い評価を受けた。当ディスクは平成24年度(第67回)文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞。
 2014年2月に発売された「ステッファーニ/2声のための室内カンタータ集」(ALM-1143)はレコード芸術特選盤となり、「さらに通奏低音の見事さも特筆しておきたい。なかでも懸田貴嗣のチェロが、声を伸びやかに聞かせ、支え、音楽を膨らませる」(レコ芸・美山良夫)、「器楽では特に、チェロの懸田貴嗣の奥行きある好演が光っている(ぶらあぼ・寺西肇)と高い評価を受けた。
「通奏低音奏者として日本の古楽シーンに欠かせない存在」(音楽の友誌2016年10月号)など近年ますます評価が高まっている。

主なディスコグラフィー:
2005年 ボッケリーニ 弦楽五重奏曲集 ARTE DELL'ARCO JAPAN

2009年 La Meraviglia Parlante テアトルム・アフェクトゥム

2012年 ランゼッティ/チェロ・ソナタ集 懸田貴嗣/渡邊孝 コジマ録音 ALCD-1131 
2013年 ジャン=マリー・ルクレールの肖像 リクレアツィオン・ダルカディア コジマ録音 ALCD-1134
2014年 ステッファーニ/2声のための室内カンタータ集 阿部早希子/ファンタジアス コジマ録音 ALM-1143
2014年 チャッコーナ マイスター・ミュージック 宮崎蓉子/懸田貴嗣ほか
2015年 波多野睦美/イタリア歌曲集 波多野睦美/西山まりえ/懸田貴嗣ほか ソネットレーベル MHS-004
2015年 バルダッサーレ・ガルッピ:6つのトリオ・ソナタ [ウプサラ大学図書館イーム・コレクションによる] リクレアツィオン・ダルカディア コジマ録音 ALCD-1155
2018年 聖アポリナーレ教会のレクツィオ 山内房子、朝吹 園子、吉田爽子、懸田貴嗣、桑形亜樹子 コジマ録音 ALCD-1173

その他、ラ・ヴェネシアーナ、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等グループのメンバーとして多数のCDに参加。

バロック・チェロの歴史とレパートリーについて研究を進めており、ワークショップやレクチャーも行っている。
2014年2月の上野学園古楽器コレクション Museumコンサートでは、バロック期チェロの初期レパートリーから後期までの作品をプログラミング、解説とともに演奏を行い、各方面から高い評価を受けた。2015年にはNOTH主催の講座で「チェロの歴史」、2016年には日本チェンバロ協会例会でコレッリのソナタをテーマに通奏低音の講座を担当した。
2017年度は北海道教育大学岩見沢校特任准教授、近年、東京、福岡、大阪でマスタークラスを開講するなど、教育活動にも熱心に取り組んでいる。チェロによる通奏低音についてのレクチャーや講義も行っている。

インタビュー等:
2013年4月 クラシック・ニュース http://classicnews.jp/interview/index825.html
2013年10月 林田直樹「カフェ・フィガロ」http://www.blue-radio.com/program/cafe/
2014年10月 ラ・ヴェネシアーナ日本ツアープログラム誌掲載・インタビュー

文章執筆・発表など:
2004年 アントレ誌 ボンポルティ国際コンクール報告記
2011年 アントレ誌 エッセイ
2012年 CDジャーナル誌10月号「秋の夜長のバロック・チェロ」
2015年 横浜シンフォニエッタ定期公演プログラム解説(ショスタコーヴィチ)
2015年 東京・春・音楽祭 公式プログラム 「チェロの誕生」
2016年 CDブックレット 日本語解説 B.コクセ「チェロの歴史 さまざまに」 Alpha
2017年 CDブックレット アンドレ・ナヴァラ ライブ・イン・東京 解説「アンドレ・ナヴァラの生涯」 Tokyo FM
2018年 東京・春・音楽祭 公式プログラム 「フランドル楽派」

これまで雑誌、プログラムに発表した文章はこちらのリンクまで。 https://note.mu/takashikaketa

ラ・ヴェネシアーナ(イタリア)、リクレアツィオン・ダルカディア、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、チパンゴ・コンソート、アンサンブル・ジェネシス、横浜シンフォニエッタ、テアトゥルム・アフェクトゥム(ドイツ)のメンバー。イタリア・ミラノと東京を拠点に活動している。日本イタリア古楽協会運営委員。
2017年度北海道教育大学岩見沢校音楽文化専攻特任准教授
f0058956_8323113.jpg


(2019.3.4)

by takashikaketa | 2014-08-30 21:27 | Curriculum プロフィール | Comments(1)
Commented at 2013-03-14 17:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

チェリスト 懸田貴嗣の備忘録


by takashikaketa
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30